パイプ緑化システム

パイプ緑化システム_thumb

壁面緑化、屋上緑化の話題がよく出てきますが、その工法として
最近つかわれ始めてきたパイプ緑化工法。
塩ビのパイプにレカトンで植えられた植物が入る穴をあけ、そこに
水を流して管理するという方法です。
雨水をタンクにため、それをソーラー電池で動かすモーターで上げ
る、設置してしまえばほぼエネルギーコストがかかりません。その上、
ご存知のように水耕栽培なので管理が非常に楽です。
設置場所として、マンションや建物の受水槽などは緑化として非常
に良いと思います。受水槽の温度を下げ、お花を楽しみ、野菜で
あれば収穫もできます。
設計の自由度は無限ですので、ご家庭のお庭でも導入されてみては
いかがでしょうか。

png1033_1242825664000_2_3

室外機を覆います。

png1033_1242825735000_3_3

屋根のようなところにも大丈夫。

png1033_1242825810000_4_3

もちろん壁面も。