バブルへGO!

以前昔の施工例も載せましょうとこの日記で言っていましたので、スキャンした写真を
お見せします。
写真からわかるとおり、時は1990年、バブル最終期です。ご挨拶にも書いてあります
が、東京の植木屋で勉強させていただいていた当時の現場です。時効ということで
関係者の皆様お許しください。新宿の伊勢丹百貨店のギフト装飾です。
大変でした。メインは写真の2ヶ所でしたが、店内全体ということもあって当時の私の
キャパを超える現場でした。上司も当然わかっていたと思いますが、それでも振って
きてくれました。だから上司も現場にきて陣頭指揮をとりましたし、いろいろな方に
手伝ってもらいました。正直私は準備の段階で力尽きていたと思います。

1990_I_2_3

1階のメインストリート突当たりの中央階段です。両サイドのヤシの木の高さが4m
くらいです。手が届かない所や管理が難しい植物はフェイク(造花)を使用しています。

1990_I_1_3

この場所は現在は残念ながら売り場になってしまいましたが、1階の中央ステージと
いい、植物に限らずいろいろな装飾やイベントを行う、常にその時期の百貨店の顔の
ような場所でした。この時代の百貨店にはこのような大きなショウウィンドウ的な場所
があり、東急百貨店本店、西武百貨店有楽町店なども持っていましたが、やはりお金
がかかるためでしょうかなくなっています。しかし今でも日本橋の高島屋には建物周り
のショウウィンドウ、正面には大きな装飾ができるスペースを持っているのはさすがだ
なあと思いますし、行くたびにきれいに飾られているショウウィンドウを楽しみにして
います。
作っていても楽しいし、見てくれる方も喜んでくださる。いつでもそんな仕事をしたい
ものです。